相続時精算課税制度>>一般の相続時精算課税制度
    一般    住宅    計算    節税・対策    書き方    法令        ご依頼

相続時精算課税制度の落とし穴

 相続時精算課税制度には、落とし穴があります。
 

相続時精算課税制度の落とし穴

 相続時精算課税制度とは、資産の移転、すなわち遺産の前渡しであるため、このことを原因として将来、遺留分の侵害というトラブルが起こりえるということです。
 また、移転された資産を、受贈者が全部使い切っちゃった場合、将来の相続税の納付の際、相続税を払えない場合もありえます。すなわち、この場合、他の相続人に連帯納付を求められる場合もあるということになります。